MacにVagrantをインストール

MacにVagrantをインストール

必要なもの
========================
Max OS X 10.10.1
Vagrant 1.7.2
Virtual Box 4.3.26
========================

1. Vagrantをインストール

公式サイト

公式サイトからVagrant (1.7.2)をダウンロードし、インストール。
========================
$ vagrant –version

Vagrant 1.7.2
========================

2. VirtualBoxをインストール

公式サイト

ダウンロードサイトから環境下に適したものをダウンロード&インストール

3. VM構築のベースであるBoxを追加

配布サイト

上記サイトからCentOS6.4用のboxを追加する。
========================
$ vagrant box add centos64 http://developer.nrel.gov/downloads/vagrant-boxes/CentOS-6.4-x86_64-v20131103.box
========================

追加されたか確認
========================
$ vagrant box list

centos64 (virtualbox, 0)
========================

4. 仮想マシンを起動&設定

ローカルに仮想マシン用のフォルダを作成して、その中にVagrantfileを生成します。
========================
$ ~/work/Vagrant/CentOS64
$ cd ~/work/Vagrant/CentOS64
$ vagrant init centos64
========================

VMを起動
========================
$ vagrant up
========================

接続してみましょう。
========================
$ vagrant ssh
========================

ついでにssh-configをつくって、ssh centos64でどこでもアクセスできるように。
========================
$ cd ~/work/Vagrant/CentOS64
$ vagrant ssh-config >> ~/.ssh/config
$ vi ~/.ssh/config
Host defualt

Host centos64
========================

接続してみましょう。
========================
$ ssh centos64
========================

ネットワークの設定もしてみます。
========================
$ vi Vagrantfile
# config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10″

config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.33.10″
========================

リロード
========================
$ vagrant reload
========================

確認
========================
$ ping 192.168.33.10
========================

こんな感じで簡単にローカル環境に仮想マシンを構築できました。
これに合わせてChefなどのサーバー設定ツールを使えば、コマンド一発で
簡単に開発環境の構築ができます。また、そのお話は次回に。
以上です。