VMware FusionにCentOSのインストール

はじめに

VMware FusionへCentOSのインストールを行ってみます。
VMware Fusionとは仮想マシンを作成するソフトウェアの一つで、
Fusionに限らず他にもVirtualBox、ESX、Xen、KVM等があります。
最近ではandroid用のシミュレータなどもVirtualBox向けに提供されていたりしますので、
仮想マシン自体に触れる機会というのは以前よりも増えてきているように感じます。

仮想と聞くと難しくイメージしてしまいますが、実際に使ってみると扱いやすく、
バックアップ・環境の複製も簡単に行えますので、
身につけておくと作業の幅も広がっていくかと思います。

環境情報

  • ホストOS:OS X Yosemite
  • ゲストOS:CentOS6.6 64bit
  • VMware Fusion:7.1.0

事前準備/設定内容

  • VMware Fusionがインストール済みであること
  • ゲストOSのネットワークはNATではなくBridgeにて行う

CentOSのisoイメージのダウンロード

CentOSの公式サイトからisoをダウンロードする。

  • http://www.centos.org/download/ を表示する
  • Older Versions の 「then click here »」リンクをクリック
  • CentOS-6 の 「x86_64」リンクをクリック
  • 任意のFTPサイトをクリック
  • 「CentOS-6.6-x86_64-minimal.iso」をクリックしダウンロードする

仮想マシンの作成

仮想マシンの新規作成

VMware Fusionの仮想マシンのライブラリの左上の「+」をクリックし、「新規」を選択。

表示される画面にて「ディスクまたはイメージからインストール」を選択して「詳細なオプション」をクリックする。

「カスタム仮想マシンを作成」を選択し「続ける」をクリックする。

今回はCentOSをインストールするため、「Linux」→「CentOS(64ビット)」を選択し続けるをクリックする。

新規作成のため、「新しい仮想ディスクを作成」を選択し続けるをクリックする。

起動前にネットワークアダプタを変更したいため「設定のカスタマイズ」をクリックする。

表示されるダイアログで「保存」をクリックする。

しばらく待つと「設定」が表示されるので、「取り外し可能デバイス>ネットワークアダプタ」を選択する。

Fusionの初期設定の「Macを共有」(NAT)ではなく「Ethernet」(Bridge)を選択し、画面と閉じる。

仮想マシンのライブラリから起動したいゲストOS、今回は「CentOS(64ビット)」をダブルクリックして起動する。

CentOSのインストール

起動したゲストOSウインドウの上部にある「ディスクマーク」をクリックし「ディスクまたはイメージを選択」をクリックする。

先に入手しているCentOSのISOイメージを選択し「開く」をクリックする。

ゲストOSウインドウの上部にある「ディスクマーク」をクリックし「CD/DVD(IDE)設定」をクリックする。

「CD/DVD ドライブを接続」にチェックを入れ設定画面を閉じる。

ゲストOSのウインドウを選択して一度Enterキーを押下する。

「Install or upgrade an existing system」を選択している状態でEnterを押下する。

メディアチェックはスキップするため「Skip」を選択してEnterを押下する。

「Next」をクリックする。

Languageは「Japanese(日本語)」を選択し「Next」をクリックする。

キーボードは「日本語」を選択し「Next」をクリックする。

ストレージデバイスは「基本ストレージデバイス」を選択し「次(N)」をクリックする。

ストレージデバイスの警告が表示されるので、「はい。含まれていません。どのようなデータであっても破棄してください。(Y)」をクリックする。

ホスト名は「localhost.localdomain」をそのまま使用する。画面左下にある「ネットワークの設定(C)」ボタンをクリックする。

「System eth0」を選択し、「編集」ボタンをクリックする。

「自動接続する(A)」にチェックを入れる。

「IPv4のセッティング」タブを選択し、「方式(M)」を「自動(DHCP)」に設定し「適用」ボタンをクリックする。

「閉じる(C)」ボタンをクリックする。

「次(N)」ボタンをクリックする。

タイムゾーンを「アジア/東京」に設定し「次(N)」ボタンをクリックする。

rootのパスワードを任意の値にて設定し、「次(N)」ボタンをクリックする。

インストールタイプは「すべての領域を使用する」を選択して「次(N)」ボタンをクリックする。

「変更をディスクに書き込む(W)」ボタンをクリックする。

インストールが開始されるのでしばらく待ちます。

次の画面が表示されたら「再起動(T)」ボタンをクリックします。

起動が始まります。

ログイン画面が表示されるのでrootユーザでログインします。パスワードは設定したrootのパスワードを利用してください。

問題なくログインができればCentOSのインストールは完了になります。

最後に

以上で、CentOSのインストールは完了となります。
今回はVMware FusionへCentOSをインストールすることが目的のため、
CentOS上での設定等についは記述致しません。
上記の手順であれば、1時間程度で構築ができますので、
是非、一度試してみては如何でしょうか。